#28 一周年をむかえて〜ごあいさつ〜 - お知らせ|東京ペットホーム

東京ペットホーム

#28 一周年をむかえて〜ごあいさつ〜

振り返れば昨年の五月雨のころから三百六十五日の間、

夫婦・スタッフ一同、明けても暮れてもわんちゃんねこちゃんのお世話に奮闘してまいりました。

東京ペットホームは今日6月22(ニャンニャン)日、オープン一周年の節目を迎えます。

これも飼い主様方のご信頼・関係各位のご協力・地域の方々のご理解の賜物と、厚く御礼申し上げます。

分けても飼い主様方の篤いご信頼を頂かなければ、到底成り立ちえないホーム運営の日々でありました。

我が子同然に愛情を注いでこられたペットをお預けになる飼い主様方。そのご心中はいかばかりか、いち

愛犬家の私にも想像に難くありません。 不安を乗り越えて命を託して下さる事を光栄に思い、また大き

な責任と感じております。

くわえて身贔屓ながら、連れ合いの生き物に対する愛情と献身にはほんとうに舌を巻いてまいりました。

年老いて環境も変わってしまったホームの仲間たちが元気に暮らしてくれているのは、年季の入った彼女

の母性のお蔭ではないかと、感謝しております。 仲間たちを愛することは、彼らの変化・うれしいこと

・イヤなことに気づいてあげられること。 そんなあたりまえのことを日々妻から学んでいます。

オープン記念日の本日、新スタッフとなった翔太君(27才・独身)梶原翔太

彼もまた「生き物への愛情は誰にも負けない」青年です。 何しろ履歴書にそう書いてあったのですから

きっとそうなんでしょう。 というのは冗談で、彼の仲間たちへの接し方を見ればその愛情と経験の豊富

なことに疑いの余地はありません。 仲間たちの快適さと健康増進の為、大いに活躍してもらいたいと思

います。

新たなスタッフを迎えた二年目の東京ペットホームは、これからもわんちゃん・ねこちゃんと飼い主様の

ため、一丸となって幸せなホームを作っていきたいと思います。

代表梅雨の晴れ間に〜愛犬パン号と〜飼育係長補佐兼ホーム代表 渡部帝
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る