老犬老猫ホームに預ける事とは。 - お知らせ|東京ペットホーム

東京ペットホーム
2017年04月23日 [新着情報]

老犬老猫ホームに預ける事とは。

最近は、毎日気温の温度差が激しいので、体調崩さず元気にお過ごしでしょうか?
老犬老猫たちには、とても体に負担がかかる季節です。
特に、介護犬達はとても注意が必要です。少しの変化で体調が急激に悪化することがあります。
スタッフ全員‼再度気を引き締めて‼お世話に当たりたいと思います‼

老犬老猫ホームを選択する。とのこと。
肯定の言葉より、否定の言葉の方がまだまだ多いと思います。
もちろん、飼主様の元で一生暮らす事が最善です。
ただ、人生の中で環境・体調の変化により、どうしても難しい状況になる場合があるのが現状です。
そんな中で、しっかりしたお世話をしてあげれない、愛情もかけてあげれない、との状況で暮らしていく事は
飼主様・動物たちも幸せではなく辛いことが多くなっているんではないでしょうか・・・。

その場合は、お互いの幸せのために。
身内知人に預ける・里親を見つける・老犬老猫ホームに預けるなど、
動物が1番幸せになれる場所を探してあげて下さい。

私は、老犬老猫ホームに預けるという事は、
飼えなくなったから、仕方ない・・ お世話をしっかり見てさえくれれば。
と、いうのではいけないと思っています。
大切な大好きなコを、手放すことは、たくさん悩みとても大きな決断をされた事だと思います。
ご自身で見てあげられない。という事は、私たちが愛情をしっかり受け継ぎ飼主様が出来ないお世話を
私達プロの介護スタッフが、させていただく事だと思います。
ご自宅で出来なかった介護を、しっかり手厚い介護をすることは当然の事と捉えております。
そして、1番大切なことは、愛情だと考えています。
マニュアルではなく、そのコそのコに合わせた生活リズム・スタイルを愛情を込めて接する事です。
でなければ、飼主様が老犬老猫ホームを選択する意味がないと考えております。

愛情は、動物たちにしっかり伝わります。動物たちは言葉が話せない分、心を感じる力があります。
現在ホームで暮らしている老犬・老猫たちはとても嬉しいことに
みんな仲良く、ゆっくり時間が流れ、穏やかに暮らしております。
もちろん最初から馴染めないコもおります。徐々に心を開いてくれるようにスタッフが試行錯誤し接しております。
(日常の様子は、ツイッターに随時アップしておりますので、ご覧いただけると様子が是非分かると思います!!)

日本全国に老犬ホームがありますが、残念なホームも実在するのが現実です。
老犬ホームを預けると選択した場合は、事前に見学し、飼育する人間性を見て、納得のいくまで質問しお話をして決める事を
私達は、お勧めしております。

東京ペットホームでは、どんな小さな不安や疑問も丁寧にお答えさせていただいております。
見学は365日お受けしております。
老犬老猫ホームは、大切なわが子の第二のお家です。
幸せに穏やかに暮らせる場所を、しっかりご自身の目で探してあげて下さい。

東京ペットホーム 高橋
広場1
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る