大田区の東京ペットホームは犬の生涯預かり・譲り受け・お引き取りをする高齢犬ホームです。

東京ペットホーム

災害に遭い高齢犬のイチローの面倒が見られなくてホームに

お客様の声

熊本の両親が災害に遭い、避難生活を余儀なくされていましたが、両親が飼っていた愛犬の面倒が見られなくなったということで東京に住んでいた私に助けを求めてきました。
イチローは一人息子の私が仕事で上京することになった時から寂しくなるということで私の代わりに両親が飼いはじめたミニチュアダックスフンドで、私が実家に帰った時にもなついてくれて可愛がっていましたが、もう飼いはじめてから12年が経ち完全な高齢犬で、健康状態も良くなくて両親も災害に巻き込まれいつ病院にかからなければいけなくなるか心配で仕方がないということでしたが、私は現在家族でペットが飼えないマンションに住んでいたことから、ここは私がお金を出すということでしばらく老犬ホームに入ってもらおうと提案して、今回東京ペットホームさんにお世話になることにしました。
すぐに私が熊本へ行ってイチローを迎えに行きましたが、わざわざ羽田空港まで迎えに来てくれていて、そのままホームの方に私も一緒に案内してもらいました。
イチローは熊本の両親を離れる際にも今回ホームに入る時にもかなり不安な顔をしていましたが、東京ペットホームのベテランスタッフさんたちのお陰ですぐにホームの仲間とも元気に遊ぶようになり、両親も写真を見て安心しています。

大田区の老犬ホーム・老猫ホームなら
担当者のコメント

この度ご両親様が熊本で災害に遭われたということで、東京にいた息子様に高齢犬のイチローちゃんの面倒を見て欲しいとリクエストをされたそうですが、ご依頼主様である息子様のマンションはペットを飼うことができないということで、当ホームをご利用いただくことになりました。
災害が起きるとどうしても人間の命が最優先されて、ワンちゃんや猫ちゃんなどのペットが家に取り残されたり一緒に避難場所に連れて行けたとしても十分に面倒を見ることができる環境が整っていないケースがほとんどで、そのため当ホームのような施設のご利用をご希望される方も多いのですが、経済状況や周りに施設がないという人が多いのも現実で、災害時のペットへの対策は特に日本ではまだまだ十分ではありません。
今回は息子様が当ホームのことを調べてご連絡いただけたので、イチローちゃんもご両親様が落ち着くまではきちんと面倒が見られることになり私たちもご協力ができて嬉しく思います。
ご両親様は大変な状況ですのでイチローちゃんに会いに来ることはできない分、こちらからイチローちゃんの写真を息子様に送らせていただきます。
もちろん何か変化があればその都度お知らせいたしますので、一刻も早い復旧を心より願っております。