大田区の東京ペットホームは犬の生涯預かり・譲り受け・お引き取りをする高齢犬の家です。

東京ペットホーム

高齢犬のユンの第二の家をして東京ペットホームさんを

お客様の声

愛犬のユンは私が離婚をした時に飼いはじめて、今年で13年の付き合いになります。
10年と言えばもう立派な高齢犬で、最近では食も細くなってきたのが心配ですが、離婚をした主人と10年間一緒に住みましたが、その期間を更新してモコは亡くなった両親以外ではこれまでの私の一番の存在です。
両親もすでに他界していて私ももう40を過ぎたので再婚はもう諦めていましたが、40歳を過ぎて久しぶりに病院で健康診断を受けると、腎臓に異常が見つかりしばらく通院していましたが、このままでは腎不全になってしまうということで入院が必要と言われて、それから入退院を繰り返すようになりました。
最初は何とか友達に頼み込んでモコを預かってもらっていましたが、何度も頼めないということで、私が健康になるまではユンにも第二のが必要だと思い東京ペットホームさんにお世話になることにしました。
東京ペットホームさんを選んだのは、そこには信頼できる経験豊富なスタッフさんが複数いたからで、オーナー様もペットが大好きなことが伝わってきたからです。
ユンを預けても大丈夫と思える完璧な環境がここには整っていて、ストレスのない生活を心掛けているということを聞いてユンの第二の家としてはここしかないと思いました。

大田区の老犬ホーム・老猫ホームなら
担当者のコメント

愛犬のユンちゃんのことは本当に愛しているというのがいつも会いに来る度に伝わっていて、本当は今すぐにでも家に連れて帰りたい気持ちも良く分かりますが、ユンちゃんの飼い主様は現在体調を壊していて入退院を繰り返しているということで、モコちゃんの第二の家として当ホームを是非利用させていただきたいというご要望をいただきました。
はじめて入院された時には1ヶ月ほどお友達に預かってもらったそうですが、モコちゃんは高齢犬で面倒もかかるということで、これ以上はお友達にも迷惑をかけることができないということで当ホームを選んでいただけたそうです。
いろいろな施設の情報をお調べになったそうで、実際にご自分の目で複数の施設を確認したそうですが、どこもユンちゃんの第二の家としては完璧ではなかったそうで、当ホームを見学いただくとワンちゃんにストレスのかからないことを考えていることは伝わってきて、スタッフが優秀で本当に動物が好きな気持ちも伝わってくると言っていただけて、モコちゃんをお預かりさせていただけることになりました。
ユンちゃんは高齢犬といってもまだ10歳で、高齢犬の中では若いワンちゃんでとてもおりこうさんで、ここに来た時から尻尾をふって元気に遊んでいます。