大田区の東京ペットホームは犬の生涯預かり・譲り受け・お引き取りをする高齢犬の家です。

東京ペットホーム

愛犬のリオが認知症でマンションで飼えなくなり

お客様の声

愛犬のリオを飼ってからすでに10年以上が経ち、高齢犬ということはもちろん分かっていましたが、最近では食欲がなくなり、昼夜問わず泣くようになり、完全にいつもと様子が違っていたのでかかりつけの動物病院に連れて行くと、何と診断は認知症とのことでした。
動物病院で処方してもらって睡眠導入剤を飲ませると夜鳴きはようやく収まりましたが、そのうち薬も効かなくなったみたでまた夜鳴きもするようになり、我が家は賃貸マンションなのでご近所さんからも苦情も多くて最初は引越しも考えましたが、そんな時に妻も体調を壊してしまい入院もするようになり、このような状態で引越しをすることはできないということで、マンションにも近い東京ペットホームさんを利用させてもらうことにしました。
リオとは旅行も一緒に行っていて、これまで1日も離れて暮らしたことはありませんでしたが、東京ペットホームさんでは大切な愛犬の第二の我がとして丁寧に預かってくれるということを知ってここなら安心してリオを任せることができると思いました。
入所する前に見学に行きましたが、駅まで迎えに来てくれて、施設内を案内してくれて素晴らしい老犬ホームということをこの目で確認することができました。
さらにここでは状態は良くなればいつもで引き取ることできて、年中面会も自由にできるということなので、ちょくちょくリオに会いに来たいと思います。

大田区の老犬ホーム・老猫ホームなら