大田区の東京ペットホームは老猫の生涯預かり・譲り受け・お引き取りをする老猫ホームです。

東京ペットホーム

20歳になるモネを老猫預かりしているホームに預けました

お客様の声

我が家には今年で20歳になる老猫のモネがいて、そろそろ私も歳でこの先自分に介護が必要になっても、モネに介護が必要になっても面倒をみられないと思い以前からペットの預かりホームについて調べていました。東京ペットホームのことはそのときに知りました。
最近できたそうですが、テレビや新聞などのメディアにも取り上げられていて、こんなに良い施設なら何かあった時は安心して任せられると思っていました。
そんなモネも今年になって歩行が困難になり、そうしているうちに排泄の補助も必要となり、私も病気がちで寝込む日も多くなってきたので、一度東京ペットホームさんにお邪魔して相談することにしました。
あちらから来てくれることも提案されましたが、駅に迎えに来てくれるということで送迎だけお願いして、駅からホームまで連れて行ってもらいました。
ホーム内を見させてもらうと、テレビで見た通りに素晴らしい設備と体制が整っていて、いつでもお預けられるということで、すぐに1週間後にお願いする手続きを済ませました。
モネに会いたい時にはいつでも駅まで迎えに来てくれるということで、それに甘えて1ヶ月に2回〜3回ほど無料送迎を利用させてもらっています。
モネも家にいた時よりも体調は良くなっているみたいなので良かったです。

大田区の老犬ホーム・老猫ホームなら
担当者のコメント

今年20歳になるという老猫のモネちゃんの介護が必要になったということで、お預かりさせていただくことになりました。
飼い主様はもちろん生涯飼い続けるつもりだったそうですが、嬉しいことに思っていた以上にモネちゃんが長生きして、その点では少し予定が狂ってしまったそうです。
モネちゃんを飼い始めた時には奥様もご健在だったそうで、奥様の方が10歳も年下ということで安心して飼ったそうですが、最愛の奥さまをガンで亡くしてしまったそうで、それからは一人で育ててきたそうです。
そのせいかモネちゃんと飼い主様の絆はとても強く、モネちゃんがかなりなついていることがすぐに分かりました。
モネちゃんは最近急に歩行が困難になってきたということですが、当ホームに来てからマッサージを毎日続けていると、かなり状態は良くなってきたと思います。
もちろんもうかなり高齢なので、このまま完全に元気になることはないでしょうが、少しでも元気になれるようにモネちゃんのお世話をしっかりしていきたいと思っています。
飼い主様も体調が良い時にはできるだけモネちゃんに会いに来てくれるので、それもモネちゃんの大きな励みになっていると思います。
少しでも長生きしてもらえるように願っています。