大田区の東京ペットホームは猫の生涯預かり・譲り受け・お引き取りをする老猫ホームです。

東京ペットホーム

愛猫のモミジが老猫になりはじめて合コンに参加しましたが

お客様の声

私は某省庁でキャリアとして一生懸命働いてきました。
女性としてのハンデを克服するために、同期の男性たちよりも倍以上の努力をしてきたつもりです。
その甲斐があり女性としてはこれまで一番の出世頭と呼ばれるようになり、仕事の面では今でも充実しているのですが、仕事人間で趣味と言えば愛猫のモミジと遊ぶことしかなく、社会人になってから10年以上男性とお付き合いを一度もしていなくて、気づいた時にはすでに30歳を超えていて、自分でも結婚は9割以上諦めていました。
しかし愛猫のモミジももう老猫になり、もしもモミジに何かあればと思うと居ても立っても居られなくなり、生まれてはじめて合コンに参加すると、そこで結婚相手と巡り合い結婚することになりました。
結婚の約束をしてはじめて彼が家に来てモミジと対面しましたが、何と彼は重度の猫アレルギーだったみたいで、とてもモミジと一緒に暮らせないということになり、泣く泣くモミジを預かってくれる施設を求めて東京ペットホームさんを探しました。
老猫ホームとしてしっかりとした実績があり、メディアにもたくさん紹介されているということで選びましたが、最初に施設内を見学すると、すぐにここなら大丈夫だと思いました。
もちろん週末と言わず会える時には毎日でも会いに来ますので、モミジのことをどうぞよろしくお願いいたします!

大田区の老犬ホーム・老猫ホームなら
担当者のコメント

今年で11歳になる老猫のモミジちゃんを預かって欲しいということでこの度当ホームをご利用いただくことになりましたが、飼い主様は毎日でもモミジちゃんに面会しに来るつもりということでいつでもお待ちしております。
ご事情を聞くと、これまで仕事一筋でモミジちゃんに癒されながら頑張ってきたそうですが、モミジちゃんも老猫となり万一の時は立ち直れないと思い、諦めていた結婚相手を見つけようとはじめて合コンに参加すると、そこで素敵な男性と出会ってスピード結婚することになったそうです。
スピード結婚ということでお互いのことを良く知らなかったままプロポーズされて結婚を決めて、それからはじめて旦那さんにモミジちゃんを紹介したそうですが、そこで旦那さんが重度の猫アレルギーだということをはじめて知り、もしも最初からそのことを知っていれば結婚も考えたそうなのですが、いろいろな意味でもう後戻りできないところまで来ていたので泣く泣くモミジちゃんを預けることにして老猫ホームを探して当ホームをご利用いただけるようになったそうです。
当ホームでもたくさんの猫ちゃんをお預かりしていますが、ほとんど面会に来られない方も多いので、毎週でも会いに来られるならモミジちゃんもそれほどストレスにならないと思います。