大田区の東京ペットホームは犬の生涯預かり・譲り受け・お引き取りをする老犬の家です。

東京ペットホーム

愛犬の第二の家はこだわりのある老犬ホームにしました

お客様の声

子供が3人いて、自分のことは二の次で子育てと主人の世話に追われてきましたが、私も50歳を過ぎて子供も全員独立して家から出ていき、そんな時に友達から譲ってもらったのがモコでした。
それから10年以上が経ち、モコも老犬となり私は老人となり、お互いに病院にもかかるようになりましたが、1年程前からモコに発作が起きるようになり、私も主人も体調が悪くてかかりつけの獣医さんに相談したところ、東京ペットホームを紹介してもいました。
モコを手放すことはとても苦しい決断でしたが、ホームを見学に行くととても丁寧に詳しくご説明いただき、万一のことがあった時の相談もできましたので、預かっていただくことに決めました。
自宅から近い上、いつでも会いに来てもいいということですので、体調が良い時には頻繁に会いに行っていて、モコもすぐに自分ののように楽しく暮らしているようです。
他のワンちゃんと触れ合えることが嬉しいようで、ここに来てから老犬ながら活発になったような気がします。
私のこともしっかり覚えていてくれているようで、忘れられてしまうのでは?という最初にあった不安は今では全くありません。
モコは幸せを実感できているようで、今は、本当に良かったと思っています。

大田区の老犬ホーム・老猫ホームなら
担当者のコメント

当ホームでは大事なワンちゃんや猫ちゃんの第二の我が家になればいいという思いで全スタッフが一生懸命みんなの面倒をみていますが、モコちゃんは発作が起きるということで当ホームもお世話になっている獣医さんの紹介で面倒をみることになりましたが、人見知りもなく、まるで前からここが自分の家のように馴染んでくれました。
他のワンちゃんとの交流も進んでしたがり、老犬ですが積極性があるとても良いワンちゃんです。
飼い主様からは昔は人見知りもあり、最近では体力もなくなっていたと聞いていましたが、そんな感じは全くなく、他のワンちゃんに比べても毎日活発に動き回っています。
発作が起きるということでしたが、だんだん症状は良くなっているそうで、病院にも定期的に通わせていますが、獣医さんからも状態は良いと言われています。
その都度飼い主様に報告していますが、それを聞いて安心しているとのことで、飼い主様も体調はあまり良くないそうですが、1ヶ月に数回は必ず会いに来ているので、モコちゃんも安心しているのが分かります。
飼い主様が来る日にはいつもに増して元気になり、しっぽを振って喜んでいます。
飼い主様が帰る際にはかなり悲しい顔をしますが、ここが自分の家のように感じてくれているようで、私たちも面倒のみがいがあります。
モコちゃんにはもっともっと元気で長生きしてもらいたいと思います。