大田区の東京ペットホームはシニア犬の生涯預かり・譲り受け・お引き取りをするシニア犬の介護施設です。

東京ペットホーム

愛犬のメロンの介護が必要となり

お客様の声

愛犬のメロンの異変に気づいたのは、いつものように庭で遊ばせていた時に、庭のフェンスの網に頭を突っ込んでしまって泣いているのを発見した時でした。
頭に怪我をしていたのでかかりつけの動物病院へ連れて行くと、何とメロンの視力はほとんど失われているということでした。
あまりのことに驚きましたが、目が見えないことが原因か分かりませんが、それから夜鳴きがはじまるようになり、どんどん具合も悪くなり介護も必要になりました。
メロンは今年で13歳で確かにもうシニア犬ですが、これまでは大きな病気をしなかったのでついつい安心していて目のことに早く気づいてあげられなくて申し訳なかったのですが、介護の度合いが大きくなり、私たち夫婦には子供はいませんでしたが、お互いに中間管理職として忙しく働いていたので、メロンの介護をするにはどちらかが仕事を辞めるか介護施設を探すしか方法はないということで、東京ペットホームさんを見つけてお世話になることにしました。
東京ペットホームさんのことは以前新聞かテレビで見た記憶があって、名前を何となく覚えていたのでインターネットで検索すると間違いないことが分かり、すぐにメロンの状態と事情を話すと、いつでも見学もできるということですぐに夫婦で施設を見にいくと、ここでは介護にも力をいれていることが分かりメロンをお願いすることにしました。

大田区の老犬ホーム・老猫ホームなら