大田区の東京ペットホームは犬の生涯預かり・譲り受け・お引き取りをするシニア犬の為のホームです。

東京ペットホーム

シニア犬を預かってくれるホームがあるとは

お客様の声

私自体がシニアとなり、もう5年も前から糖尿病が悪化して入退院を繰り返しています。
妻も足が悪くて、シニア犬のリンを散歩にも連れていけない状況が続いていました。
リンはとても賢い犬で、これまではこんな状況でもおとなしくしていましたが、さすがに最近ではストレスが溜まったのか夜鳴きをするようになるなど、私が入院している間は妻も精神的にまいってきたようでした。これではリンも妻も病気になってしまうと思い東京ペットホームを探してお世話してもらうことにしました。
これまでシニア犬の面倒をみてくれるホームがあることを知りませんでしたが、インターネットに詳しい友達に頼んで調べてもらうと、いくつかシニア犬を預かってくれる施設はありましたが、費用面や設備なども考えて東京ペットホームを利用させてもらうことにしました。
とは言っても心配だったので一度ホームに出向いて見学させてもらいました。職員が駅まで迎えにきてくれて、そのまま施設内を案内してもらうと、完璧な設備と職員さんがいることが分かったので、その場で即決でお世話になることに決めました。
その後は最低でも月に一度はホームに訪れるようにしていますが、その度に駅まで無料送迎でしてくれるのでとても助かっています。

大田区の老犬ホーム・老猫ホームなら
担当者のコメント

リンちゃんがホームに来てからは、他のワンちゃんたちもとても喜んでいるのが分かります。
リンちゃんはとても賢いワンちゃんで、他の子たちの面倒もみてくれるようなリーダー的な存在になっています。飼い主様からはリンちゃんが最近夜鳴きをして困っていると聞いていましたが、ここに来てからはそのようなこともなくなりました。
旦那様は入退院を繰り返していて、奥様は足が悪いのでその間は散歩に連れていけなかったということだったので、寂しさとストレスから一時的に夜鳴きをするようになったのだと思います。
リンちゃんが当ホームに来てから、旦那様は入院をしていない時にはかなり頻繁に会いに来てくれるので、リンちゃんもその時は大喜びで走り回っています。
旦那様がしばらく来なくなると寂しそうにはしていますが、他のワンちゃんたちと毎日遊んでいるので、それほどストレスにはなっていないようなので安心しています。
頭の良いリンちゃんにはこれまで私がワンちゃんのお世話をしてきた中で新しく気づかされることも多く、毎日いろいろ勉強させてもらっています。
リンちゃんはシニア犬にしてはまだまだ元気で若いので、できるだけ長生きしてもらって、これからもいろいろ学ばせてもらいたいです!