大田区の東京ペットホームは犬の生涯預かり・譲り受け・お引き取りをするシニア犬の為のホームです。

東京ペットホーム

妻が置いていったシニア犬のミクを老犬ホームに

お客様の声

もともとは別れた妻が飼っていて、私には完全になついていませんでしたが、妻の浮気で離婚することなり、無責任な妻は愛犬のミクを残して出ていってしまいました。
私も何とかしようと一生懸命ミクの世話をしましたが一向になついてくれる気配がなく、そうしているうちに1年近く経ちましたが、ミクはすでに13歳のシニア犬でご飯をあまり食べなくなったので動物病院に連れていくと、病気でこのままでは介護が必要になるということでした。
私も一人になり日中は仕事で家に居ることはできないので、ここはミクには申し訳ないけれどミクのためにもきちんとお世話をしてくれる施設を利用した方がいいと思い東京ペットホームさんを探してお世話になることにしました。
最後まで私になついてくれませんでしたが、これだけ長く一緒に住んでいると愛情は湧くもので、東京ペットホームさんではいつでも会いにきてもいいということで、ここなら私の気持ちもスッキリすると思いました。
私も短い間でしたがワンちゃんのことをいろいろ勉強しましたが、ここに来て病気とはいえ元気に走り回っているミクをみると、やはり人間が無責任に動物を飼うことはしない方がいいと思いました。
ちょくちょく会いに来るのでどうぞミクのことをよろしくお願いいたします。

大田区の老犬ホーム・老猫ホームなら
担当者のコメント

シニア犬のミクちゃんは病気で定期的な通院が必要だということでしたが、当ホームに来てストレスが亡くなったせいか、体調もかなり良くなり定期的な通院も必要なくなるまでになりました。
もともとは離婚した奥様が飼っていたとのことで、飼い主様には最後までなついてくれなかったそうですが、ミクちゃんは飼い主様が会いに来る時にはしっぽを振って喜んでいるので、きっと飼い主様の想いは届いていると思います。
まだ完全に病気が治ったわけではなく、年齢のことを考えれば病気が完治することはないと思うので、飼い主様の環境が変わらない限りはまた一緒に暮らすことは難しいのでしょうが、飼い主様も確かにミクちゃんに対して愛情はもっておられるようなので、できるだけ多くミクちゃんに会いに来てもらえることを願っています。
ミクちゃんはシニア犬の中でもかなり活発なワンちゃんで、自分から積極敵に他のワンちゃんとコミュニケーションを取ろうとするので、もともと人間の愛情に飢えていたのかもしれません。
先日そのことを飼い主様にお伝えするとミクちゃんへの愛情がより大きくなったみたいで、それからは会いに来てくれる回数も以前よりも多くなってきたので今後が楽しみです!