大田区の東京ペットホームはシニア犬の生涯預かり・譲り受け・お引き取りをするシニア犬の家です。

東京ペットホーム

愛犬のユウナを預けるのには葛藤がありましたが

お客様の声

愛犬のユウナは今年で13歳になるシニア犬で、昨年から目が悪くなり今では介護が必要な身体になってしまい、目が良く見えないことから今までは明らかに違う行動をするようになりました。
もちろん動物を飼うということで、病気になったり将来介護が必要になるかもしれないという覚悟はしていましたが、私たち夫婦ももう70歳近くなる高齢者で、これまで一緒に住んでいて積極的にユウナの面倒を見ていた娘も結婚してを出ていき、正直ユウナの散歩や介護をすることがかなり苦痛になっていました。
娘にも相談しましたが、娘が現在住んでいるマンションではペットが飼えないし、旦那が犬嫌いなのでそもそも預かってもらうのは無理だということでしたが、そんな私たちを見かねて娘が東京ペットホームを見つけてきてくれました。
責任をもって飼ったつもりが途中で誰かに預けるのは無責任だという後ろめたさが私にも妻にもかなりありましたが、娘に言われて東京ペットホームの施設を見学していろいろな説明を聞くと、私たちと同じような理由でワンちゃんを預けている人もたくさんいるし、いつでも面会にも来られるということで、娘の言う通りに東京ペットホームをユウナの第二の家として面倒を見てもらうことにしました。

大田区の老犬ホーム・老猫ホームなら